漆喰のデメリットは海のようなにおい?キズ?水をはじかない?

漆喰のデメリット

 

⇒漆喰のデメリットについて

漆喰のデメリットは

・におい

・キズ

・水をはじかない

・工期(乾燥待ち)

・値札がない

主にこの5点が取り上げられます。

漆喰デメリット1
※漆喰工事ビフォー

漆喰デメリット2
※漆喰工事アフター 漆喰を塗ったばかりなので写真ではまだら模様になっていますが、乾くと色が均一になります。

 

「におい」

100パーセント天然素材で漆喰を塗る場合
使用する天然糊(のり)から多少海藻の匂いが出ます。
この匂いが気になる人もいらっしゃるようです。

わたしどもの場合は、
使う糊をお客様と相談しながら決めていきます。

天然糊でなく
化学糊を少し配合するやり方であれば
ほぼ漆喰そのもののにおいになります。
配合は企業秘密なのでここには書けませんが
お客様との見積もりミーティングの時にご説明させて頂きます。

漆喰の匂いは、文章にすると少し難しいのですが
『じゃまにならない程度の自然な海のにおい』と書くとわかりやすいかもしれません。
自然のにおいというのはいいにおいばかりではありませんよね。
すこしじゃまな匂いもはいってきます。

天然糊を配合する場合の海藻のにおい
漆喰自体の自然のにおい

これらをいやだと感じる方も中にはいらっしゃいますが、
天然糊や漆喰のにおいは、時間がたてばだんだんとうすれていきます。

その後は、漆喰がにおいを吸着していき無臭の部屋ができていきます。
無臭の部屋というのは、作ろうとしてもなかなか難しいです。

たとえば、友人や知り合いのお家に行った時に、その家特有の匂いを感じたことはありませんか。

ペットのにおい
熱帯魚を飼っていれば水槽のにおい
食べ物のにおい

家には生活のにおいがあります。

漆喰には脱臭効果があり『無臭』を実現してくれます。

デメリットと書いた天然糊と漆喰自体の匂いは人によっては気になりませんし
時間が経過すれば無臭になっていきます。

 

「キズ」

漆喰は石灰岩からできています。
壁に塗り込んだ後、だんだんと石灰岩に戻っていきます。

強度に関しては強いといえるのですが
表面のキズの付きやすさに関しては
デメリットに挙げる人もいらっしゃいます。

漆喰塗りを施した壁に寄りかかって
(洋服が白くなることはありません)
持っていたカギや金具などを引っかけてしまったとします。
そうすると、漆喰壁にひっかき傷が残ってしまうことがあります。

たとえば、車のボディをカギでひっかくとキズが残りますね。
強度的には車のボディよりも漆喰壁の表面の方が強いのですが
それでもやはりキズは残ります。

普通の住宅に使われている塩化ビニールクロス。
ひっかけばキズは残ります。キズが入ることに関しては同じですが漆喰は塩ビクロスよりも割高です。
だからデメリットの項目に入ってしまうのではないかと考えます。

わたくしどもがお客さんと見積もりなどの話し合いをする時
小さい子供さんがいらっしゃるご家庭やペットを飼っているご家庭には
漆喰壁の表面を強めにする配合方法のご紹介をさせて頂いています。

この方法は、漆喰にあるものを混ぜて表面の強度を上げています。
キズをつけにくくする手法です。

しかし、100パーセント天然素材で漆喰を塗る場合は
表面の強度を上げることができないので、なるべくキズを付けないように気を付けて頂いています。

やはり「漆喰壁のキズ」は気になるところですが
そのキズでさえ、将来的に味わいに変わる事もあるようです。

小さいころに付けた壁の傷を成長してから見ることで感慨深いものになりますし
漆喰はキズがついても風情があるので気にならないというお客さんもいらっしゃいました。

キズはデメリットかもしれませんが付き合っていけるものだとも感じます。
どうしても気になる場合は、もちろん部分的な補修もできます。

漆喰デメリット3
※天井の漆喰塗り壁です。お客様の要望で色あいにこだわりました。

 

「水をはじかない」

これはメリットと表裏一体なのですが、調湿性がある分、水を吸い込みます。

ビニールクロスは水をはじくのでまったく逆の性質ですね。

水をこぼしたくらいなら乾くのを待てばいいですが
コーヒーなど色の濃い液体をこぼしてしまった場合は
それを漆喰の壁が吸い込んでしまいます。

対策としては、すぐに水を含ませたスポンジなどを押し当てます。

乾いたタオルや布でふき取るのではなく水でコーヒーを押し出していく感覚です。

パンパンと叩くと汚れは取れていくでしょう。
それでも色が残ってしまい、どうしても気になるようでしたら
上にも書きましたが部分的な補修ができます。

 

「工期(乾燥待ち)」

漆喰は湿式工法、塩化ビニールクロスは乾式工法です。
乾式工法は水を使わないためすばやく仕上げができます。

一方、漆喰は湿式工法なので、下地を塗った後に乾きを待つ作業があります。
クロスの張替えならば、1日から2日で終わる作業も漆喰塗りの工期はプラス1日位はかかります。

 

「値札がない」

塗り壁施工に関しては、
お店で洋服を購入するのとは異なり
値札というものがありません。

洋室か和室か
天然糊を使うか少々化学糊をまぜるか
部屋の間取りなど

これらによって漆喰リフォームにかかる費用・価格が変わってきます。

リフォーム業者によって値段はまちまちですが、
1平米あたりの費用はだいたい6000円から25000円の間です。
(詳しい費用に関しては後ほど記述します)

クロス張替えなどはもっと安いです。
これは、漆喰壁のように職人が手で塗り込むのではなく
決まった大きさのものを貼り付けるという作業のため
手間がそこまでかからないからです。

塗り壁にするかクロスにするかを迷っている方もいらっしゃるかもしれませんが
それぞれのメリットとデメリットを見て判断していってくださいね。


漆喰・珪藻土・ビニールクロスのいい点と悪い点(メリットとデメリット)

(必ずしもすべてのお部屋で以下の性能が100%発揮されるわけではありませんので、ご了承ください)


漆喰のいい点【メリット】


・VOC(揮発性有機化合物)の吸着・分解
・パターンや色によって、洋風から和風、さまざまなデザインが可能
・呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれる
・家の中の嫌な臭いをとってくれる(脱臭効果)
・燃えないので火事に強い
・漆喰内部は強アルカリ性のためカビにくい(部屋内のウイルスも生きにくい)
・耐インフルエンザ性
・音が通りにくい(防音性)
 

漆喰の悪い点【デメリット】


・ひっかくとキズが入ることがある(これはビニールクロスも同様)

・塗りたての時の匂いが気になる人もいる(この匂いは自然のにおいに近いものでVOCではない。時間がたてばにおいはなくなる)

・水をはじかない(配合を変えることで対処できる)

・普通のビニールクロスの施工よりも工期が少々長い(湿式工法なので下塗りしたあと乾きを待つ作業があるため)

・施工会社、左官屋によって値段がまちまち(ビニールクロスよりも値段が高め)

 

漆喰のその他の特徴

・表面がつるつるする
・壁材としての歴史は5000年以上
・世界遺産や国宝の建築物に多く使用されている
 


珪藻土(けいそうど)のいい点【メリット】


・ビニールクロスよりも値段は高いが、漆喰よりは割安感がある
 【今では、漆喰と同じか、それ以上の値段になっています。】
・DIY(Do It Yourselfの略・自分で塗る事)しやすい
 【素人でも塗りやすいということは、たくさんの化学糊(のり)が入っている場合があります。そうすると、DIYしやすいことはデメリットにもなりえます。】
・調湿性は漆喰をしのぐといわれている
 【化学糊がたくさん混ぜられている原料だと、珪藻土の調湿性が失われてしまっていることがあります。】
・色を入れればさまざまなお部屋に合わせることができる
 

珪藻土の悪い点【デメリット】


・表面がざらざらする(このような質感がお好きの方はメリットに)
・漆喰のように自ら固まるという性質がないため、固めるための接着剤などによって珪藻土の原料比率が50パーセント以下の場合が多い(ひどいものになると原料比率が10%未満のものもある)これだと漆喰よりも調湿性が下回ってしまう
 

藻土のその他の特徴

・壁材としての歴史はここ25年から30年ほど
・世界遺産や国宝の建築物にはほぼ使用されていない
 


ビニールクロスのいい点【メリット】


・平米当たりの値段がとても安い
・工事がとても早い
・いろいろなデザインから自分の好みのものを選べる
・リーズナブルな値段のため張り替えもしやすい
・水をはじく
 

ビニールクロスの悪い点【デメリット】


・化学糊をたくさんつかう傾向にある
・シックハウス症候群を引き起こしてしまう可能性がある
・張る時もはがす時もVOCを発散してしまう
・調湿性がないためカビやすい
・石油からできている
・やわらかくするために可塑剤(かそざい)が入っている
 

ビニールクロスのその他の特徴

・日本の住宅の約95パーセントがビニールクロスを使っている
・クロスというのはもともとは『布』という意味。昔はお金持ちが羊の皮などを部屋の壁紙に使っていたところから、クロスは高級なイメージがあった。そのクロスという名前を引き継いで、現在の塩化ビニールクロスとなったが、ビニールという言葉には安っぽいイメージがあるため、塩ビクロスをクロスと呼んでいるところが多い様子。

以上がそれぞれの特徴になります。
漆喰や珪藻土の調湿性などのメリットを最大限生かすならば、市販のものを自分で塗るより、左官職人にお任せした方がいいでしょう。
市販されている漆喰や珪藻土を壁に薄く塗っても、どうしてもそれぞれのメリットが生かされない場合があります。
左官職人が塗る漆喰や珪藻土は、素人の方が塗るよりも塗り厚が厚めで、下地によって処理を変えたりします。
素材の特性を生かすような塗り方をしてくれます。

参考にしてくださいね!

漆喰デメリット4
※漆喰は押し入れやクローゼットなどにも向いています。

漆喰のデメリット

———————————————————————————————-
漆喰塗り壁リフォーム簡単お見積もり画像

※現在、メールフォームで送信エラーがでてしまうという報告を受けました。お手数ですが「info@sikkui.com」まで直接メールをお送りください。その際は、メールフォームの入力項目を参考にしてください。
※スマートフォンでご覧の場合は、メールアドレスをタップして頂くとアプリが開きます。

もし、使ってみたいメーカーの市販されている(又はネット上で販売されている)漆喰や珪藻土材料があれば、ご要望欄にお書きください。
※こちらからは質問の返答以外で連絡致しません。
 

漆喰左官のオンライン見積りフォーム

※漆喰や珪藻土、聚楽壁を塗ることができる左官職人が仮見積もりを出します。
※こちらでだす見積もりはあくまで概算見積もりです。
正式な見積もりは現地調査を経てからのものになります。
「塗り壁左官・大吉(だいきち)」
*は必須項目です

*施工形態
個人住宅内装 店舗内装 個人住宅外装

*お名前

※苗字だけで構いません。

*メールアドレス

(確認用)
こちらに入力頂いたメールアドレス宛にお答えの返信メールを送りますので、お間違いのないようお願いします。

*施工予定のご住所

※現在、1都3県に対応しています。

*市区名(例・江戸川区、市川市)

※市・区までで構いません。

家のタイプ
新築一戸建て 新築マンション 一戸建て
マンション 古民家 その他

ご希望の壁(複数選択可)
漆喰(しっくい) 砂漆喰(すなじっくい) 聚楽壁(じゅらく)
珪藻土(けいそうど) ジョリパッド(店舗のみ)
※迷っている場合など、複数選択可

模様・パターン・色(複数選択可)
おさえ仕上げ(平ら)パターン仕上げ(模様つき)カラー・白
カラー・白以外

お部屋のタイプ(複数選択可)
洋室(壁のみ)洋室(天井のみ)洋室(壁と天井)
和室(床の間なし)和室(床の間あり)その他
※床の間は和室に見られる掛け軸や活けた花などを飾るへこみの場所です。

施工する予定の壁の状況(複数選択可)
ビニールクロス 土壁 板張り
コンクリート プラスターボード タイル
カビが見られる アクが見られる めくれが見られる
クラック・ひび割れが見られる
※プラスターボードは石膏(せっこう)ボードともいいます。

あれば図面、立面図、お部屋の写真をお送りください。


図面、立面図、お部屋の写真その2


図面、立面図、お部屋の写真その3

※画像を3枚以上送りたい場合は、この登録フォームで2回目を送信してください。

ご質問、ご要望などがあればお書きください。
※施工予定のお部屋の床面積が何畳か、わかる範囲でお知らせください。



その他、簡単なご質問等は「info@sikkui.com」に直接お送りください。
———————————————————————————————-
最新の情報や施工事例については、フェイスブックページにも投稿しています!

漆喰のデメリット お客様の声

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去1週間でアクセスが一番多い記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

アクセスの多い記事

ページ上部へ戻る